まいどどうも!
浪速のマルチプルタイタンパー、ももです!
この自己紹介名前いってるだけなのに長くない!?

年末年始、宝くじやらなんやら世の中賑わっとりますが、
鉄道アイドルれんてつガールの整備士としては、
「2016年乗りたい鉄道No.1!」を高らかにここに発表しておきたいと思います!

…いや、ね。
マルタイにはそら乗れるもんなら乗りたいっすよ、現実的にのれる乗用列車をあげますね。

ずばり!!!

丹後鉄道の黒松でございます!!!!!!

securedownload

ぱんぱかぱーん!

説明しよう!!!

黒松とは!!!!

---以下、ホームページより抜粋---

コンセプトは「『海の京都』の走るダイニングルーム」。
美しい海、穏やかな山並み、のどかな田園風景など様々に移り変わる車窓の眺めとともに、
『海の京都』ならではの食とお飲み物で、皆様をおもてなし。

工業デザイナー水戸岡鋭治氏のデザインにより、
車内は天然木を贅沢に使い、落ち着いた雰囲気と懐かしくて新しい、
ここでしか味わえない上質な空間を演出しています。

-------
https://trains.willer.co.jp/matsu/train/about.html

あのJR九州のななつ星など数々の列車デザインで知られる、
水戸岡鋭治氏がリニューアルを担当し、
そらもーお察しの通り、大変芸術的かつ美しい列車でございます。

え?これ電車なの???
そんな風に思える列車って、普段使う列車とはまた違う良さがありますよね。

「列車に乗るために旅をする」

目的地に行くために使うはずの列車が、目的になる、
それってちょっとすごいことだと思うの。
エンターテイメントな列車!!!

私はパフォーマーですから、いわゆる「ジョイフルトレイン」が大好きです!(*^^*)

黒松さんはダイニングトレインというんですかね、お食事ができる列車で、
ディナーコース、ランチコース、スウィーツコースがあり、
4000円~11000円というお値段設定で、
比較的他の列車に比べてお手軽な印象もあります。

もちろん七つ星さんもそらいつかは乗ってみたいけど、ちょっと…という皆さん!
まだ手が出る黒松!
ぜひ関西に行った際は予定に組み込んでみて下さいね~!
そしてお土産をももに下さい!\(^o^)/

実は黒松さん、そして今回選んだ丹後鉄道さんにはちょっとご縁のあるもも。
また別の機会にお話いたしますね(*^^*)

ほなまた!!!